メディカル・ツーリズム

<メディカルツーリズムと医療機関のメリット>

日本の医療技術、看護技能は世界的に見ても総合的に高い医療サービスとして評価されています。近年、中国はじめ新興国の富裕層にとって、自国の医療を受けるより、より進んだ先進医療を受けたいという需要が生まれてきています。そして、わざわざ欧米まで行かずとも、技術面で優れた日本の医療を受けることに注目が集まってきています。
その一方で、わが国では国民皆保険制度によって医療は手厚い保護を受けてきましたが、たび重なる医療制度の改正、少子高齢化と社会保障費の抑制方針から、医師がかつてのような恵まれた職業であるという時代も終わり、独立・開業しても設備投資資金を回収するのに何年もかかるため、開業を諦めたり、無理な資金計画に苦しんでいる方もいるのが現状です。
医療が社会性を持つことから、その本質としてやむを得ないところがあるのも確かですが、せっかく培った優れた技術や高性能な医療機器を使わないといった選択も誤りであると思われます。せっかく日本の医療機関への検診・治療の需要があるのですから、これを機会に外国人富裕層への医療提供をご検討したらいかがでしょうか。

<行政官庁の対応はまちまち>

現在、厚生労働省はメディカルツーリズムに対してあまり積極的ではないように見うけられますが、経済産業省はむしろ推進するといったスタンスにあるようです。現在は特に法的な規制がありませんので始めたほうが先行者利益を得るといった状況になっています。

<日本に外国人を呼ぶメリットは>

メディカルツーリズムの大きなメリットとして、自国より安価に医療を受けられるということもあります。その意味でインドや台湾などの病院が欧米市場(特にアメリカ市場)で医療保険会社とタイアップしたメディカルツーリズムを組んでいます。
このところの円高と、そうした国々との貨幣レート、医療報酬を考えると、日本で受けることにメリットがなさそうに見えますが、はたしてそうでしょうか。数字として出てこないところでわが国の優位性を説くポイントは多数あると考えます。
たとえば病院の清潔さひとつをとってもどうでしょうか。医療スタッフから清掃スタッフまでこれだけ徹底した清潔さを保っている医療機関が多いのは日本だけです。また、患者の家族が滞在する場合でも、ホテル強盗などめったにないし、どこにいっても治安がよく、女性がほとんどの夜道をひとりで歩ける国はわが国だけです。直接は関係ないかもしれませんが、交通機関がほとんど時間通りに動くなんて国はほとんどないということは、海外旅行の経験がある方にはよくわかるのではないでしょうか。
さらに、退院後の楽しみである観光やショッピングもバラエティに富んで、安全に楽しめる国はわが国が随一であると思われます。サービス提供力労働者の質の高さはまさにpriceless です。
他方、病院経営についても、高額な医療・検査機器を導入しても、活用していなければ文字通り宝の持ち腐れです。かといってむやみに使っても診療報酬には反映されません。外国人富裕層であれば、そうした心配はなく活用できるのです。




<懸念材料はすべて解決できます>

主な業務は次のようなものがありますが、それぞれ手配をいたします。ただし、事前に報酬などの取り決めが必要になりますので、必ず、ご相談ください。

・ツアープランニング・募集・航空券手配⇒旅行会社が手配します。

・在留目的…治療目的か、検査目的(人間ドック・脳ドック)か⇒診療所の設備などから内容を相談させていただきます。

・在留申請⇒治療者・家族全員分を当事務所がおこないます。

・事前診断⇒問診票などは現地言語に翻訳して作成します。

・療養・術後監視⇒一応の目安をお決めください。

・家族等の滞在⇒旅行会社が手配します。クライアントの希望があれば観光も用意します。

・診療後のケア⇒一年もしくは半年ごとに再検査が必要な場合には、手配をします。

・言語問題⇒必要であれば通訳を手配しますが、英語がわかれば大丈夫かと思われます。

その他ご心配なことがあればご相談ください。




                                     


                              ©All rights reserved 山下行政書士事務所